【あさイチ】簡単!軽井沢(フレンチ)トーストのレシピ!

軽井沢トーストのレシピ

2017年7月27日放送の「あさイチ」の「JAPA-NAVI」は
「長野・軽井沢」

その中の軽井沢トーストのレシピの紹介!

スポンサードリンク

軽井沢トーストとは?

暑い夏にはぜひとも行きたい
高原リゾート地「軽井沢」。

外国人セレブの朝食にと生まれた
軽井沢流のフレンチトーストは「軽井沢トースト」と呼ばれ、
今や町内40店舗が個性的な味を提供しています。

「ホテル鹿島の森」は「王道」のフレンチトースト。
よけいなものはのせず、とてもシンプル。

このフレンチトーストは
作るのに結構、手間がかかっています。

卵液をしみこませるためまずは、
パンをぎゅうぎゅう押します。
これを一晩、冷蔵庫で漬け込みます。

そして、大型オーブンで焼き上げます。



今回は、軽井沢の喫茶店「ストーブカフェ オキザリス」
店主の菱田紘士さんが
家庭でできる軽井沢トーストの作り方を教えてくれました。

レンジを使えは、一晩トーストを卵液につけなくても
簡単にできます。



簡単!軽井沢流フレンチトーストのレシピ

軽井沢トーストのレシピ

【簡単!軽井沢流フレンチトーストのレシピ】

『材料』
食パン→1枚
卵→1個
牛乳→50ml
バター→5g
サラダ油→少々

(オリジナルソース)
無塩バター20g
砂糖→17g
煮詰めたオレンジ果汁→30ml
ラム酒→7ml
レモン汁→少々

『作り方』
1.耐熱容器に卵と牛乳を混ぜ合わせ、卵液をつくる。

2.①の卵液に食パンを入れ、
そのまま電子レンジで40秒加熱する。
※熱によってパンがやわらかくなり
卵液を吸い込みやすくなる。

スポンサードリンク

3.フライパンでサラダ油、バターを熱したところに、
②のパンを入れ、まずは中火で焼き色をつける。

4.焼き色がついたら、弱火にしてじっくり焼く
そうするとふっくら仕上がります。

※自宅にオーブンがある場合は、
フライパンで焼き色をつけたところで、
200℃で7分30秒するとよい。

(オリジナルソース)
1.常温で柔らかくした無塩バターに、砂糖、
煮詰めたオレンジ果汁を入れて混ぜ合わせる。
※砂糖、オレンジ果汁の代わりに、
ママレードジャム(35g)でもOK。

2.①を鍋に入れて加熱し、溶けたところで
ラム酒をいれる。
フランベしてアルコール分を飛ばす。

3.②にさらに、レモン汁を少々いれる。
※ラム酒、レモン果汁がなければ
なしでもOK。

4.トーストにこのオリジナルソースをかけ、
グラニュー糖をふりかければできあがり!



軽井沢トーストというわけではないのですが、
参考までにホテルオークラの特製フレンチのレシピを
紹介します。

【オークラ特製フレンチトーストのレシピ】

『材料』 (4人前)
卵→6個
牛乳→370cc
砂糖→62g
バニラエッセンス→少々
食パン(厚切り、約4cm)→4切れ(耳なし)
バター→少々
サラダオイル→少々

『作り方』
1. 卵、牛乳、砂糖、バニラエッセンスを
混ぜ合わせたものに、
食パンを両面丸一日ひたす。(片面約12時間)

2. 熱しすぎないフライパンにバター少々、
サラダオイル少々入れ、①を両面、弱火で蓋をし、
約15分じっくり焼く。

3.お好みでメープルシロップ、
またはジャムを添えてできあがり。

※たっぷりめの卵、牛乳のつけ汁にじっくりひたす。
弱火でじっくり時間をかけて、
中身をふくらませるように焼く。

オークラ特製フレンチトースト



レタスの時短レシピはこちら↓
【あさイチ】レタスの時短レシピ!スープ&炒め&おにぎり

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ