発酵王子 伏木暢顕先生のヨーグルトソースのレシピ!【趣味どきっ!】

ヨーグルト

2016年4月7日放送のNHK「趣味どきっ! きょうから発酵ライフ」
第1回目は「やる気UPのヨーグルト」

美と健康を追求する紀香さんと新入り店員塚地が切り盛りするカフェ。

お店には日々発酵マニアがやって来て発酵談議を繰り広げます。

前半はこちら↓
藤原紀香のヨーグルトドリンクのレシピ!&小林先生の腸の体操【趣味どきっ!】

スポンサードリンク

小林弘幸先生が帰ったあとにやってきたのは
発酵王子の異名を持つ料理人伏木暢顕(ふしきのぶあき)先生。

古今東西の発酵食品を知り尽くし、日夜料理の研究を重ねています。

「ヨーグルトのおいしいソースを作れるよ。」と伏木暢顕先生がいうので
作ってもらいます。


【ヨーグルトベリーソースのレシピ】

『材料』(2人分)
プレーンヨーグルト→100g
冷凍ブルーベリー→20g
(ブルーベリーは他のベリー系でも代用できます)
塩コショウ→少々
オリーブオイル→大さじ1と1/3

『作り方』
1.ミキサーに材料をすべて入れて混ぜるだけ。

このソースはどんなお肉にも合うそうです。
肉によく合うベリーにヨーグルトのさわやかさをプラス。

番組では豚ロースのソテーにかけていました。

ヨーグルトのソース


【豚ロースのソテーのレシピ】
 

『材料』(2人分)
豚ロース肉(厚切り)→2枚(200g)

塩→少々
黒コショウ(粗びき)→少々

サラダ油→大さじ1
ディル→適量

『作り方』
1.豚肉は冷蔵庫から出して30分間おき、常温に戻す。
塩・黒コショウを少々をふる。

2.フライパンにサラダ油(大さじ1)を熱し、①の豚肉を入れて焼き色が
つくまでしっかり焼く。
裏返して火を止め、フタをして5分間ほど蒸す。

3.豚肉を器に盛り、ヨーグルトベリーソースをかけ、ディルを飾ったらできあがり!


スポンサードリンク


【ヨーグルトガスパチョのレシピ】

『ヨーグルトガスパチョの材料』(2人分)
トマト(大)1個
プレーンヨーグルト→20g
塩・コショウ→各少々
オリーブ油→大さじ2
にんにく→1g

トッピング
ズッキーニ・きゅうり・パプリカ・玉ねぎ→各適量

カレー粉・黒コショウ→各少々

『作り方』
1.ミキサーに、トマト(1個)、プレーンヨーグルト(20g)、塩・コショウ(各少々)、オリーブオイル(大さじ2)、にんにく(1g)を入れ、なめらかになるまで撹拌する。

2.ズッキニーは輪切り、きゅうり、パプリカ、たまねぎはみじん切りにする。

3.①を器に注ぎ、2をのせ、カレー粉・黒コショウ(粗びき)各少々をふったらできあがり!

「ヨーグルトガスパチョ」は隠し味にカレー粉をトッピング。
グッと大人の味わいになります。




今回の番組内容

発酵食品を上手に取り入れて、健康・美容・幸せを手に入れよう。
人間の腸内には細菌が住み着いていて、善玉菌・悪玉菌・日和見菌に分けられる。

そのバランスによって腸内環境が決まり、腸内環境が良くなると腸が元気になる。

腸は自律神経と密接につながっているため、体の様々な部分に好影響が出ることが分かっている。

そして発酵食品を食べることで、腸内環境に働きかけることができるという。
今回は動物性乳酸菌のヨーグルト。

次回は「魔法の塩こうじ・甘酒」です♪

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ