【きょうの料理】ポリ袋で手打ちうどん!肉汁うどん・焼きうどんのレシピ!

讃岐釜揚げうどん 

2016年8月29日放送の「きょうの料理」は荻野恭子さん。

ポリ袋で簡単に作れる手打ちうどんの作り方と
肉汁うどん、焼きうどんのレシピを紹介!

スポンサードリンク

手打ちうどんの作り方


【手打ちうどんのレシピ】

『手打ちうどんの材料』

ポリ袋で簡単にうどんが作れます。

『材料』(4人分)
強力粉→150g

薄力粉→150g

塩→小さじ1/2

強力粉(打ち粉用)→適量

片栗粉(打ち粉用)→適量

『手打ちうどんの作り方』
1.生地作り
ポリ袋に強力粉、薄力粉、塩を入れて袋の口をもち
袋ごと10回ほど振ってよく混ぜる。

2.粉と塩がよく混ざったら片隅に粉をよせ、
ゆるま湯を加え、袋を上下に振ってよく混ぜる。

ポリ袋を使うと生地が早くまとまり、
手も汚れない

3.生地がまとまってきたら台の上に置き
粉っぽさがなくなるまで袋の上から
30回ほど揉みこむ。

4.袋の上からひとまとめにして
室温で30分以上休ませる。

5.30分経ったら生地を取り出して生地を揉む

6.細長くして4つにちぎる。

7.うどんづくり
台に打ち粉用の強力粉を振って
生地を1個のせて麺棒で
30×15cm(お好みで)の長方形に伸ばす。

8.生地に打ち粉用の片栗粉をたっぷりと振る。
裏返して裏面にも打ち粉をする。

9.生地をびょうぶ畳(折りたたむ)にする。

10.生地を端から5mm幅(お好みの幅で)に切る。
※手前から奥に向かって包丁を
スライドさせると切りやすい

残りの生地も同様に伸ばして切って
手打ちうどんの麺ができあがり!

 【生地の保存方法】
片栗粉をまぶしてラップで包み、
冷凍庫で保存します。

約1か月保存可能。
使う時は常温で解凍してから使います。

切る前のかたまりのまま
片栗粉をまぶしてラップで包んで
冷凍庫で保存することもできます。

うどんの作り方はこちらでも紹介しています↓
【あさイチ】超簡単!10分でできるもろやま華うどんの作り方・レシピ



スポンサードリンク

肉汁うどんの作り方


【肉汁うどんのレシピ】

『肉汁うどんの材料』
手打ちうどん→半量

豚こま切れ肉→150~200g

(A)
水→カップ1と1/2

しょうゆ→カップ1/3

みりん→カップ1/3


オクラ(ガクは除く)→6本

(薬味)
ねぎ(小口切り)→5cm分

しょうが(すりおろす)→1かけ分

『肉汁うどんの作り方』
1.鍋に豚肉と(A)を入れて弱火にかけ
15分ほど煮る。

アクが出たら随時取ります。

2.別の鍋にたっぷりの湯を沸かして
オクラをサッとゆでて粗熱を取り
斜め半分に切る。

3.②のお湯にうどんを入れて中火にかける。
麺がくっつかないように少しまぜる。

うどんが水面に浮きあがってから
プクッとふくらむまで10分ほどゆでる。

4.ザルにあげて流水でってぬめりをとり、
水気を切る。

5.器にうどんを盛って
オクラと薬味を添える。
(季節の野菜でよい)

6.別のお椀に①を入れて添えればできあがり。
お好みで薬味を入れていただきます。



焼きうどんの作り方

うどんをゆでずに作ります。


【焼きうどんのレシピ】

『材料』(2人分)
手打ちうどん→半量

豚こま切れ肉→150g

ピーマン→1個

セロリ→1/2本

トマト→小1個

キャベツ→1枚分

ねぎ(斜め薄切り)→1/2本分

しょうが(千切り)→2かけ分

塩→小さじ3/4~1

砂糖→小さじ1/4

サラダ油→大さじ1

熱湯→カップ1と1/2

(A)
しょう油→大さじ1/2

こしょう→適量

ごま油→大さじ1



香菜→適量

塩→少々

こしょう→少々

酒→少々

サラダ油→大さじ1

『作り方』
1.豚肉に塩、こしょう、酒を少々ふる。

2.ピーマンは縦半分に切りヘタと種を取って
横に1cm幅に切る。

セロリは茎と葉に分けて
茎は筋を取って斜め薄切りにする。

トマトはヘタを取って2cm角に切る。

キャベツは1cmのざく切りにする

3.鍋にサラダ油を熱し
ねぎとしょうがを中火で軽く炒めて
豚肉を加えて炒める。

4.ピーマン、セロリの茎、トマト
キャベツ、塩、砂糖を加えて軽く混ぜる。

5.手打ちうどんをほぐしながら
均等にのせてサラダ油、熱湯を順に
回しかけて蓋をし
中火で10分程蒸し煮にします。

蒸し焼きにすれば一鍋でo.k

6.麺を少しほぐしながらセロリの葉を加えて全体を混ぜ
(A)を順に加えて混ぜる。

7.器に盛ってお好みで
香菜を添えればできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ