【スッキリ】人気料理家 柚木さとみの簡単常備菜&カフェ風ワンプレートレシピ!

便利キッチングッズ

2016年9月8日放送の日テレ「スッキリ!」の
「プロのキッチン覗き見隊第3弾!料理家・柚木さとみ編」。

柚木さとみ先生おすすめの調理料や
常備菜、簡単ワンプレートレシピも紹介!

スポンサードリンク

人気料理家 柚木さとみ先生

料理研究家でカフェプランナーの柚木さとみさんは
築60年の古民家をリノベーションした自宅で
料理教室「さときっちん」を開き、
予約がとれないほどの大人気。

カフェプランナーの経験を生かし、
おしゃれなカフェ料理の達人として活躍中!

キッチンはもちろん、家具にもこだわりがあるそうです。

【gleam ダイニングテーブル】

インド洋の島の廃材を再利用したもの。


プロのキッチンこだわりポイント
・コンロの近くに調味料を配置することで
料理が楽になる

・菜ばし・スプーンは
空き瓶に素材ごと収納すると見た目がすっきりする



おすすめ調味料&キッチングッズ


【千鳥酢】

創業290年を超える京都の老舗 村山造酢の「千鳥酢」
老舗料亭でも使われ、そのまま飲めるほどまろやかな味です。

ためしに野菜(サニーレタス)に
塩と千鳥酢だけをかけて試食すると

「これだけで充分!オイルなんて入れる必要ない。」と田中美奈子さん。




【三州三河みりん】

みりん業数日本一の愛知県三河地方。

みりんづくりの本場、愛知県三河地方でも
特においしいとされる三河みりん。

一般的なみりんの熟成期間は3~4ヶ月なのに対して
三河みりんは2年がかり。

ミシュラン3つ星店でも使われているこだわりのみりん。

田中美奈子さんがそのまま飲んでみると
紹興酒っぽい味でコクもあり、
このままでもいけるそうです。

煮物はもちろん、麻婆豆腐といった中華や洋食などが
上品な味わいに。



スポンサードリンク


【ヘンケルス】

包丁は軽くて使いやすいということで
ヘンケルスを使っているそう。

刃物の本場ドイツのトップブランド「ヘンケルス」

三徳包丁とペティナイフを使い分け
1本4千円程度なのでコストパフォーマンス抜群!



簡単ワンプレートメニューレシピ

柚木さとみワンプレート

【トマトのエスニックピクルスのレシピ】

常備菜です

『材料』
プチトマト
ナンプラー
白ワイン
千鳥酢

『作り方』
湯むきしたプチトマトをナンプラー、白ワイン、千鳥酢
を煮たてたものに半日以上漬ける。



【千切り人参のカレーマリネのレシピ】

『材料』
にんじん
オリーブオイル

(先生は岩塩を使っていました)
カレーパウダー

『作り方』
1.にんじんを千切りにする
2.ボウルににんじんを入れ
オリーブオイル・塩を入れ混ぜる

3.さらにカレーパウダーを入れる

4.千鳥酢を入れて混ぜれば出来上がり

【キノコのオイルコンフィのレシピ】

パスタやサラダなど、
いろんなアレンジができる簡単常備菜。

『材料』
エキストラバージオイル→250~300ml

にんにく→2片
エリンギ→1パック
しいたけ→1パック
しめじ→1パック
タイム→4~5本

エノキダケ

『作り方』
1.鍋にエキストラバージオイルを250~300mlを入れる

2.適当な大きさに切ったエリンギ・しいたけ・しめじ、
タイム、にんにくを入れ弱火で5分煮込む。

3.エノキを入れ、塩で味を調え
弱火で5分程度煮込めばできあがり!

※冷蔵庫で4~5日保存可能

そして、キノコのオイルコンフィの油で
鶏肉を焼けばキノコの旨みがプラスされます。

まとめ

素敵なキッチンとお料理でしたね。

柚木さとみさん先生についてはこちらでも紹介しています↓
【ヒルナンデス】料理研究家 柚木さとみさんの達人のキッチンの収納術

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ