【あさイチ】フォーマルウエアの選び方!卒業式、お葬式、結婚式

スーツ、会社、制服
2019年2月20日放送の「あさイチ」
いざという時に困らない!
フォーマルウエアのお悩み解決します

ここではフォーマルウエアの選びについて紹介!

スポンサードリンク

フォーマルウエアの選び方

藤崎さんはかつて長男の卒園式に
白のフォーマルウェアでいったところ
黒やグレーを着ている人がほとんどで
恥ずかしい思いをしたそうです。

フォーマルウェア協会の
高木雄子さんに話しを聞くと
白はNGではないものの
2000年代以降卒業式では落ち着いた色が
増加しているとのこと。

そこでこれさえ押さえれば大丈夫の
フォーマルウェアの選び方を
教えてもらいました。

まず押さえるべきは素材

最も格式が高いのはシルク。

ちょっと高いという場合には、
化学繊維でもポリアセテートやポリエステルは
光沢のある素材なのでシルクの代わりになります。

最近は生地が地味な分
柄を織り込んだものが人気とのこと。

綿・麻・ニットは避けます。

押さえるべきはアクセサリー

バックもアクセサリーのうちの一つ。

フォーマルな場においてバックは
小さいほど格が高い。

また、皮よりも布製の方が格が高い。

卒業式や入学式であれば、
そこまで小さいものでなくてもよいとのこと。

他にも、パールのネックレスやコサージュなど。

もうじき長男の卒業式がひかえている
藤崎さんは黒のパンプス、
柄が織り込まれた紺のワンピース、
パールのネックレスとコサージュを合わせた
のでした。

コサージュは胸のあたりにつける人が多いですが、
鎖骨の辺りに付けるとよいそうです。

スポンサードリンク



カジュアル化するお葬式や結婚式

最近ではお葬式や結婚式も多様化し
着るものに迷ってしまいます。

正礼装・フォーマル
準礼装・セミフォーマル
略礼装・インフォーマル

ここまでが今までのフォーマルでしたが
カジュアルエレガンス
スマートカジュアル
といったドレスコードが増えているとのこと。
こちらは明確な定義はまだ出来ていないそうです・

格式が高いと言われるのは、
・肌の露出が少ない服装
・無地に近い生地

【正礼装・フォーマル】
足首まで隠れるロングドレスに無地。




【準礼装・セミフォーマル】
座った時でも膝が隠れるくらいの丈。


【略礼装・インフォーマル 】
立っている時に膝が隠れるくらいのもの。
色柄などは自由度が増します。

最近流行りのカジュアルなスタイル。
カジュアルエレガンス
スマートカジュアル

【カジュアルエレガンス】
カジュアルエレガンスは、
よりドレッシーでジャケットは着なくてもOK。



【スマートカジュアル】
スマートカジュアルは、
いわゆるキレイめのカジュアルな服装。


喜ばしい席の場合は、
ワンピースとジャケット。

葬儀の際には、ダークスーツでo.k。
ただし、インナーの色は、
黒に近い濃いの選ぶと良いとのこと。

冠婚葬祭で平服でお越しくださいという時には、
略礼装・インフォーマルで
いいとのことです。




【あさイチ】きつい服を5分で着られる方法!姿勢改善呼吸法やむくみとりで

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ