あぶたま煮のレシピ!ばぁば先生:世界一受けたい授業

油揚げのお袋煮

【イメージ画像】

2019年10月26日放送の「世界一受けたい授業」
94歳の現役料理研究家が教える日本の家庭料理

“ばぁば”の愛称でおなじみの鈴木登紀子さんの
あぶたま煮のレシピの紹介!

スポンサードリンク

“ばぁば”のこと鈴木登紀子さん

「きょうの料理」に長年出演し、
いまは“ばぁば”の愛称でおなじみの鈴木登紀子さん。

94歳となった現在も、 料理教室を開くなど、
現役の料理家として活躍しています。

スポンサードリンク

あぶたま煮のレシピ

『材料』(2~3人分)
油揚げ3枚

卵6コ

だしカップ3

みりん大さじ5

うす口しょうゆ大さじ2+1/2

塩少々

青菜 適量

『作り方』
1.油揚げは油抜きし、半分に切って袋状にする。

2.①を小さな容器に立てて入れ、口を開く。

卵1コを別の容器に割り入れ、油揚げの中に流し込む。

ようじで口を縫うように止める。
残りも同様にする。

3.鍋にだしを煮立て、みりん、うす口しょうゆ、
塩を入れ、煮立ったら、生卵の入った油揚げをいれ、
おとしぶたをして弱めの中火で7〜8分煮る。

4.小松菜は塩少々を加えた湯でサッとゆでて冷水にとり、
水けを絞って3~4cm長さに切る。

5.③のようじを外して縦半分に切り、器に盛る。
④の小松菜を③の煮汁にサッと浸し、手前に盛って
できあがり!

ばぁば(鈴木登紀子)先生のレシピ5品まとめ!土瓶蒸しやちりめんじゃこのまぜご飯:世界一受けたい授業

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ