きょうの料理:横山タカ子さんの 白菜のぬか漬けのレシピ!

白菜のぬか漬け

2019年11月25日放送の「きょうの料理」は
往復書簡 晩秋の漬物。

ここでは横山タカ子さんの
白菜のぬか漬けのレシピの紹介!

スポンサードリンク

白菜のぬか漬け

白菜のぬか漬けはぬか床を使わず、
ぬかを入れた袋を白菜にのせるだけ。

野菜についたぬかを洗い流す必要がなく
うまみが逃げずすぐに食べられます。

味は酸味と甘みが加わり驚くほどまろやか。

白菜のぬか漬けのレシピ

『材料』(つくりやすい分量)
白菜 1コ(2kg) 

塩 40g(白菜の重量の約2%) 

生ぬか 300g 

昆布 (5×10センチ)  1枚 (8g) 

(用意するもの)
漬けだるなどの清潔な保存容器
(白菜1つが入る大きさ/容量10リットル程度)  

押しぶた(または平皿などでもよい)  

おもし(4キロ/白菜の重量の約2倍)  
 
ぬか袋(手ぬぐいなどの清潔な布(約50×34センチ) を半分に折って両端を縫ったもの

スポンサードリンク

『作り方』
1.昆布は3等分に切る。 
白菜は四つ割りにして全体をしっかりと洗う。 

2.白菜の葉を1枚1枚広げて根元に塩をふる。 

3.白菜を漬けだるに隙間なく入れ、昆布をのせる。 
押しぶたをし、その上におもしをのせ、一晩から2日間ほどおく。 

水の上がりが悪ければ、上下を返しておもしを増やす。 

白菜のぬか漬け

4.水がヒタヒタになるくらいまで上がったら、
水で湿らせたぬか袋にぬかを入れ、平らにして白菜の上に広げる。 

5.③と同じように押しぶた、おもしをのせて一晩から2日間ほどおく。 

水が白く濁ったらぬかが全体に回った合図でおいしく食べられます。 

※涼しい場所で約1か月間保存できます。 
暑い時期は④の段階で冷蔵庫に入れてもよい。 




きょうの料理:白菜のキムチ風浅漬けのレシピ!重信初江さん

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ