ちらし寿司

2021年3月8日放送の「きょうの料理」
栗原はるみのおいしいのきっかけ

ここでは華やかちらしずしのレシピの紹介!

はるみさん流華やかちらしずし

春のちらしずし。

刺身の盛り合わせでつくる手軽で華やかなおすし。

だし入り卵焼きは巻かずにふっくら簡単につくるコツを紹介。

味わいは、はるみさんおすすめの甘めの味つけ。

ロールキャベツのレシピ

『材料』(4人分)
米 400ml

(すし酢)
酢 カップ1/2

砂糖 大さじ2

塩 小さじ3/4~1

(卵焼き)
卵 3個

だし 大さじ3

砂糖 大さじ2

塩 少々


刺し身の盛り合わせ(マグロ・白身魚・ゆでだこ・サーモンなど) 4人分

貝割れ菜 1パック(50g)

もみのり 適量

青じそ(千切り) 適宜

すだち(くし形に切る) 適宜

白ごま 適宜

おろしわさび 適宜

サラダ油 適量

スポンサードリンク

しょうゆ 適量

『作り方』
1.すし飯を作る。
米は洗ってザルに上げ、約15分置いて水気を切る。

炊飯器に入れ、水カップ2を注いで普通に炊飯する。

すし酢の材料を合わせ、砂糖と塩が溶けるまでよく混ぜる。

炊き立てのご飯にすし酢を加えてさっくりと切るように混ぜ、布巾をかぶせて冷ます。

2.卵焼きを作る。
ボウルに卵をよく溶きほぐし、残りの材料を加えて混ぜ、こす。

卵焼き器にサラダ油少々を熱してよくなじませ、卵液を一度に流し入れる。

※巻かずに両面を焼くだけなので簡単

3.弱めの中火~弱火にしてふたをし、5~6分焼く。

裏返して反対側も弱火で焼き、中まで火を通す。

粗熱を取り、2㎝角に切る。

4.刺身は2㎝角に切る。

貝割れ菜は2~3㎝長さに切る。

5.器にすし飯を盛り、もみのりを散らす。

刺身、卵焼き、貝割れ菜を彩りよくのせ、
しょうゆ適量、お好みで青じそ、すだち、白ごま、わさびを添えてできあがり!


きょうの料理:栗原はるみさんのロールキャベツのレシピ!

スポンサードリンク