きょうの料理:家政婦志麻さんのポークカツレツのレシピ!

ポークカツレツ

2019年11月6日放送の「きょうの料理」
つくりやすい定番洋食「ステーキ」

元フランス料理店シェフ 伝説の家政婦
タサン志麻さんが家庭のフライパンでつくる
簡単&本格的な洋食レシピを教えてくれます。

ここではポークカツレツのレシピの紹介!

スポンサードリンク

ポークカツレツのレシピのポイント

ヒレ肉の「ポークカツレツ」は少量の油で
じっくり揚げ焼きすると
中までしっとり&柔らかな仕上がりに!

細かくしたパン粉を薄くつけることで
余分な油を吸わず衣がカリカリに。

ポークカツレツのレシピ

ポークカツレツ

『材料』
豚ヒレ肉 (塊) 400g

塩 2つまみ、

こしょう 少々

(衣)
小麦粉 大さじ2

溶き卵 1コ分

パン粉 大さじ3~4

(マーマレードソース)
マーマレード 大さじ2
※ブルーベリーなどでも可

酒 大さじ2

水 大さじ2

しょうゆ 小さじ1/2



サラダ油 適量

『作り方』
1.豚肉は表面の冷たさが取れるまで、
15分間ほど常温におく。

紙タオルではさんでしっかりと水けを拭き取る。

薄い部分は肉の厚さ1/3くらいまで切り込みを入れる。
※薄い部分を折り込んで豚肉の厚みを均等にする。

2.切り込みを入れたところから下に折り込んで、
豚肉の厚みをそろえ、全体に塩2つまみ、
こしょう少々をまんべんなくふる。

3.小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。

4.フライパンにサラダ油を深さ5mm程度(大さじ3~4)
入れ、弱火で温める。

豚肉の折り込んだ部分を下にして5~6分間揚げ焼きにする。

5.こんがりと焼き色がついたら、転がして
側面を 5~6分間揚げ焼きにする。

同様にして上下左右の4面を揚げ焼きにし、
皿に取り出し、 肉汁が落ち着くまでそのままおく。

皿の肉汁はとっておく。

6.ソースを作る。
小さめの鍋にソースの材料を入れて中火にかけ、
ひと煮立ちさせる。

7.⑥に⑤のポークカツレツから流れ出た肉汁を加えて、
とろみがつくまで1分間ほど煮詰めてソースにする。

8.器に好みでさやいんげんのバターソテーを盛り
⑤のポークカツレツを食べやすい大きさに切り分け
器に盛り、⑥のソースをかけてできあがり!

さやいんげんのバターソテーのレシピ

『材料』(2~3人分)
さやいんげん 1パック(60g)

たまねぎ(みじん切り) 適量

バター 適量

『作り方』
1.いんげんは筋を除く。

2.鍋に湯を中火で沸かし、
いんげんを2~3分間ゆでてざるに上げる。

ゆで汁大さじ2はとっておく。

3.鍋にいんげんを入れ、②のゆで汁、バター10g、
たまねぎを加えて中火にかける。

全体をからめるようにして、
汁けがなくなるまで煮詰めてできあがり!







チーズカツオーロラソース添えのレシピ

志麻さんのチーズカツのレシピがありましたので
紹介します。

Esseより
Esse

『材料』(4人分)

豚こま切れ肉 500g

スライスチーズ 4枚

塩、コショウ 各適量

(A)
卵2個 

水1/4カップ 

小麦粉大さじ4

(B)
マヨネーズ大さじ4 

ケチャップ大さじ1



パン粉、サラダ油 各適量

サラダ菜 適量

『作り方』
1.豚肉1/8量をトンカツの大きさに成形し、
上に三つ折りにしたチーズをのせ、
上から豚肉1/8量でおおう。

残りも同様につくる。

2.①の両面に塩、コショウをしっかりふって下味をつける。

3.バットに(A)をよく混ぜ合わせてバッター液をつくり、
②をくぐらせ、パン粉をまぶす。

4.フライパンの底に広がる程度の少なめの油を入れ、
③を重ならないよう並べる。

弱火にかけ、肉の周りの色が変わり、衣に焼き色がついたら、
裏返して揚げる。

5.④をサラダ菜とともに盛り、混ぜた(B)を添えて
できあがり。




きょうの料理:の家政婦 タサン志麻さんのステーキのレシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ