レタス野菜

2022年1月15日に放送の「満天☆青空レストラン」は未来のレタス!研究30年を費やしたLEDレタスとは?

東京都町田市のLED農園産レタス、夢菜のお取り寄せの紹介です!

夢菜

玉川大学農学部の渡邊先生は栽培効率の良いレタスで育成・実験を繰り返し、
2013年に誕生したのがLEDレタスの「夢菜(ゆめさい)」です。

夢菜は、成長に最適なLED光と栄養豊かな水で、クリーンルームの中で丁寧に栽培されます。
農薬も一切使いません。

自然栽培との違いは、異常気象や雑菌から守られて育てられること。
健やかに育った夢菜は採れたてのような食感とみずみずしさが味わえます。

育て方はウレタンスポンジに種を植えて、蛍光灯の光で発芽を促します。
1週間ほどで発芽し、光と液体肥料を与えながら3週間後、葉は20cmほどの大きさに。
その後、LED栽培室で色のついたLEDで2週間育てます。
渡邊先生が使うLEDは3種類「赤」「青」「緑」
当てる光の色を変えることで見た目も味も食感も変わるのだそうです。

スポンサードリンク

およそ30年かけてたどり着いたLED農法。
今後先生は、宇宙環境での栽培も視野に入れているのだそうです。

お取り寄せはこちらからどうぞ↓
夢菜

まとめ

日本テレビ満天☆青空レストランの放送より

LEDレタス、夢菜のお取り寄せの紹介をしました。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク