バームクーヘン、バウムクーヘン

2022年9月3日放送の「サタデープラス」
「バウムクーヘン」をひたすら試してランキング

清水麻椰アナが様々なバウムクーヘン14種類を
サタプラ独自の方法で徹底調査。

10時間以上かけて調べ上げた
サタプラ的のおすすめバウムクーヘンベスト5を紹介します!

スポンサードリンク

バームクーヘンベスト5

清水麻椰アナがさまさまなバウムクーヘン14種類を調査。

①コストパフォーマンス
②層の数と質
③口当たり
④全体の味
⑤生クリームとの相性
5項目を細かくチェックし、
それぞれ10点満点で採点。

その合計点で総合ランキングを決定します。

5位:不揃いはちみつバウム(無印良品)

無印良品の大ヒットシリーズ、不揃いはちみつバウムが第5位。
瞬間加熱したはちみつを使うことで、より香りが引き立ち、さらにしっとりと焼き上がります。

ほかにも焼きむらや凹凸、変形などで、
おいしさに関係なくはじかれていたものも生かすことで、コストパフォーマンスも高い。

そんな不揃いバウムシリーズは25種類以上のフレーバーがあり、
2017年の発売以来、およそ9000万個を売り上げた大ヒットスイーツ。

【合計40点】
コストパフォーマンス8点
層の数と質7点
口当たり9点
全体の味9点
生クリームとの相性7点

4位:冷やして食べるしっとり食感のバウム(ファミリーマート)

ファミリーマートの冷蔵タイプのバウムクーヘンが第4位。

部門1位の生クリームとの相性以外にも、口当たりで10点満点。

その秘密は油に。
バターやマーガリンなど固形の油を使用せず、液体の植物油を配合することで、
冷やしても固くなりにくく、しっとり食感を実現しています。

【合計41点】
コストパフォーマンス7点
層の数と質6点
口当たり10点
全体の味8点
生クリームとの相性10点

3位:不揃い発酵バターバウム(無印良品)

先月発売されたばかりの新商品、不揃い発酵バターバウムが第3位。

スポンサードリンク

味に関する3項目で9点獲得。
バランスのよさが光りました。

うまみが強いニュージーランド産の発酵バターを使用することで、
今までのバターバウムよりも、濃厚な味わいがアップ。

【合計42点】
コストパフォーマンス8点
層の数と質7点
口当たり9点
全体の味9点
生クリームとの相性:9点

2位:生バウムクーヘン(ローソン)

ローソンの冷蔵タイプのバウムクーヘンが第2位。
口当たり、全体の味で10点獲得。

風味豊かな低温殺菌牛乳を使用し、たっぷりの卵と北海道産生クリームを独自ブレンド。
牛乳と卵、素材本来の味わいをしっかりと感じられる、優しい甘さが特徴。

【合計43点】
コストパフォーマンス7点
層の数と質8点
口当たり10点
全体の味10点
生クリームとの相性8点

1位:こだわりのしっとりバウムクーヘン(ファミリーマート)

味の2部門で満点を獲得。
口当たりのよさを生み出すのは焼き時間。
時間をかけて低温でじっくり焼き上げることで、生地が固くなり過ぎず、しっとりとした口当たりに。

プロが評価したのは、リピーターを逃がさないある仕掛け。
「一口目で、強烈にインパクトがくる味は、最後まで食べるともう嫌になる。
もう一口、もう一口と全部食べたときにおいしくないと一回買おうって思ってくれない。」

こだわりのしっとりバウムクーヘンはもう1口、もう1口と食べたくなるおいしさです。

【合計44点】
コストパフォーマンス:7点
層の数と質:9点
口当たり:10点
全体の味:10点
生クリームとの相性:8点

おすすめのアレンジレシピはフレンチトースト風バームクーヘン
牛乳をかけてトースターで焼いて、バター・メープルシロップをかけるだけ。

まとめ

TBSテレビサタデープラスの放送より
バウムクーヘンベスト5の紹介をしました。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク