【あさイチ】安いお肉のステーキをおいしくする技!マルディグラの和知徹シェフ直伝

ビーフステーキ

2016年11月29日放送の「あさイチ」のスゴ技Qは
「究極テク肉!いい肉に大変身SP」

フランス料理店の和知徹シェフが
安いお肉でもステーキをおいしくする方法を紹介!

スポンサードリンク

ステーキをおいしくする技

フランス料理店マルディグラのシェフ
和知徹さんによると、ステーキは上手に焼けば
お手ごろ価格のお肉でもおいしく食べることができると
言います。

一体どんな焼き方をすればいいのか
教えてもらいました。



【肉の下ごしらえの技① スジ切りには裁縫バサミを使う】

肉を柔らかくするためには
スジをちゃんと切るのが重要。

筋は肉と脂身の境目にあるので、
そこを狙い、5㎜程の深さで
裏表両方ハサミを入れます。

そのときに活躍するのが裁縫用の小さなハサミ。

ピンポイントでスジを狙えるので
オススメなんだそうです。

スポンサードリンク

その後、塩コショウをすれば下ごしらえは完成。



【ステーキをおいしく焼く技① バターで香ばしく焼く】

和知さんは、香ばしく肉を焼くために
バターを使うのがオススメとのこと。

しかし普通に使うと焦げてしまいます。

そこで電子レンジで1分加熱してバターを溶かし
「澄ましバター」を作ります。

溶けると焦げやすい”乳しょう”と”油”の部分が
分離するので、上澄みを使えば焦げずに
ステーキを焼くことができます。

※すましバターは冷蔵庫で1週間。
冷凍庫だと1か月もちます。

※下に沈んだ「乳しょう」の部分は
クリームシチューやカルボナーラなどに入れると
クリーミーさがアップします。



【ステーキをおいしく焼く技② 片面だけしっかり焼く】

スーパーで買う1.5㎝ほどの厚みのお肉だと、
香ばしい焼き目を両面につけてしまうと
火が入りすぎてしまい固くなってしまいます。

そこで焼き目をつけるのは片面だけにして
ジューシーにします。

お肉は常温に戻さず、
冷蔵庫に焼く直前まで入れておくそうです。

1.澄ましバターを入れたフライパンを
中火でしっかり温めたら肉を入れます。

そのまま1分以上はそのままにして
動かさないようにする

2.焼き色を確認してきれいな焼き目が
ついたらひっくり返して、火を止める。

3.あとはそのままにして余熱で調理。
2分ほど置いておき、バターのパチパチする音が
止まったらできあがり!



まとめ

この日のお肉の記事↓
【あさイチ】薄切り肉をひと手間でおいしくする方法!キハチの鈴木眞雄シェフが伝授

【あさイチ】失敗しないローストビーフの作り方!キハチ鈴木眞雄シェフ直伝

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ