【あさイチ】ベジヌードルの作り方!皮むき器で作るポイント

ベジヌードル

2016年5月20日に放送された「あさイチ」の「ブーム到来!?ベジヌードル」

ベジヌードルを家庭で皮むき器での作り方のポイントなどを紹介!

スポンサードリンク

ベジヌードルとは?

今まで数々のおしゃれな野菜の食べ方を
紹介してきたあさイチ。

今回は、2016年ブームが予想される
“ベジヌードル”について調査。

ベジヌードルとは、細長く切ったズッキーニや
にんじんなどの野菜を“麺”として食べること。

今、野菜を積極的にとりたいという
女性たちの注目を集めています。

この春、都内の商業施設の特設コーナーでも販売され
20代から40代女性の人気を集めました。
雑貨店を訪ねてみると
ベジヌードルの調理器具1つコーナーができてます。

去年の秋からベジヌードル専用のスライサーが次々に発売され
中には半年で3万個売れた商品もあるといいます。
スライサーには一定の間隔で刃がついています。

使い方は、鉛筆削りのように野菜を回転させるだけ。
ズッキーニのほかにも大根、にんじん、ゴーヤーなど
さまざまな野菜をベジヌードルにできるんです。

テレビのとはちょっと違いますが↓



皮むき器でベジヌードルの作り方

スライサーなんて持ってないわという方も
皮むき器で作れます。

スポンサードリンク

教えてくれるのは野菜ソムリエの岸村康代さん。

麺っぽさを出すにはポイントがあります。

にんじんは、上から下まで長さをそろえてむきます。

普通にむくと太くなってしまいがちな大根は
皮をむいた後の角を狙うと麺っぽくなっていきます。
幅は1cmくらいにするとより麺に近い食感が楽しめます。

ベジヌードルはこのままソースとあえても
もちろんおいしく食べられるんですが。


【岸村さん直伝ベジヌードルワンランクアップ術】

塩を振ります。
塩をあえると水分が出てきて、
野菜のえぐみがとれ、うまみがアップする。

にんじんや大根などの根菜類は塩を振る前に
ラップをかけてレンジで2分ほど温めます。
野菜が温かいうちに塩を軽く振ります。

先に塩を振ると、温めたときに水分が抜けすぎて
ぱさぱさになってしまうので気をつけてください。

この一手間をかけることでうまみが引き立つだけでなく
より麺っぽい食感になります。

麺の下ごしらえが終わったらソースとからめていきます。

パスタに近い食感のズッキーニは定番のミートソースがおすすめ。

にんじんは色をそのまま生かしてナポリタン風に。

大根の麺はしょうゆとみりんで煮込んできしめん風に。

下ごしらえの際に熱は通っているので
さっと煮込むだけで味がしみこみほどよい食感が楽しめます。

そしてうれしいことにヘルシー。
カロリーを岸村さんに計算していただきました。

1食(240g)のパスタと野菜麺のカロリーを比較してみると
・パスタ→396kcal (ゆでたもの)
・ベジヌードル(ズッキーニ)→34kcal

ベジヌードルは小麦のパスタと比べると10分の1ぐらいになります。

なので、ダイエットやメタボ対策にもおすすめです。

ベジヌードルは野菜っぽさは残るんですけど
味はほとんど野菜の味がしない。

パスタのソースとからめてしまうので
パスタを食べている感覚で野菜を
どんどん食べられるとのこと。

ベジヌードルはズッキーニや大根など固さがあって、
ある程度、長細い野菜が調理しやすいので
皮むき器か包丁で千切りすることでも作れます。

ぜひ、ベジヌードルを楽しんでください。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ