ローストビーフ

2020年12月2日放送の「きょうの料理」の
栗原はるみのおいしいのきっかけ。

栗原家の定番おもてなし料理を2品。

ここでは失敗なしのフライパンローストビーフのレシピの紹介!

スポンサードリンク

フライパンローストビーフのレシピ

食べ方の工夫でおいしさ倍増!

肉の切り方を変えて和・洋、2種類のソースでいただきます。

まずはステーキのように厚めに切って赤ワインソースで、

さらに薄く切って野菜を巻き、みそさんしょうソースをつけて
和風の味わいでも楽しめます。

『材料』(つくりやすい分量)
牛肉(ももまたは肩ロース/塊/常温に戻す)600g

赤ワインソース
※下記参照適量

みそさんしょうソース
※下記参照適量

かぶ 適量

きゅうり 適量

ねぎ 適量

塩 小さじ1

こしょう 少々

サラダ油 少々

オリーブ油 少々

黒こしょう 少々

『作り方』
1.常温に戻した牛肉全体に塩をまぶしてもみ込み、
こしょうをまぶして約5分間おく。

2.深めのフライパンにサラダ油を熱し、
強火(脂の多い肉の場合は中火~強火)で牛肉を焼きつける。

※側面まで、まんべんなく丁寧に焼きつける。

3.全面に焼き色がついたら弱火にしてふたをし、
5~8分間蒸し焼きにする。

上下を返してふたをしたまま、さらに5~8分間焼く。

竹串を刺してみて、赤い汁がでなければ、
火を止めて取り出す。

アルミ箔に包み、約10分間休ませる。

※焼き時間は、肉の大きさや形によって調整する。

スポンサードリンク

焼いてから休ませて、余熱でしっとりさせる。

(赤ワインソースをつくる)
4.かぶを皮付きのまま四~六つ割りにし、
オリーブ油を熱したフライパンで焼きつける。

ローストビーフを厚めに切って器に盛り、
かぶを添えて赤ワインソースをかけます。

好みで黒こしょうをふる。

(みそさんしょうソース)
5.きゅうりは5~6cm長さの細切りにし、
ねぎは5~6cm長さのせん切りにし、
水にさらして水けを拭く(白髪ねぎ)。

ローストビーフを薄切りにして器に盛り、
きゅうり、ねぎ、みそさんしょうソースを巻いていただきます。

※パンにはさんでローストビーフサンドにしたり、ローストビーフ丼にしても。


きょうの料理:栗原はるみさんのトマトソースのニョッキのレシピ!