【ガッテン】コラーゲンの効果!ゼラチンで手軽に摂取

にきびの女性

2017年3月1日放送のNHK「ガッテン」は
「決定版!コラーゲンの効果100%活用SP」

スポンサードリンク

コラーゲンの効果

お肌ぷるぷるの代名詞、コラーゲンは
本当に効くのか?

番組では、肌に悩みをもつ40~60代の6人の女性に
実験を行いました。
 
市販されている純度100%のコラーゲン粉末を1日5g飲む。

そして、4週間後、肌の水分量とシワの数を計測しました。
 
 
【結果】
水分量→半分の人が増加。残り半分は変化なし
シワの量→半分の人は減少。残り半分は変化なし

 
効果が出た人と出なかった人の差は一体何なのか。

体内のコラーゲンの40%は皮膚にあります。
コラーゲンは食べても、
胃や腸などでバラバラに分解され
コラーゲンでなくなります。

しかし、バラバラになったコラーゲンを見て、
線維芽細胞(せんいがさいぼう)が壊れて
しまっていると勘違いして
どんどんコラーゲンを増殖するのです。

その結果、シワが減ったり、水分量がアップするのです。

京都大学の佐藤健司教授によると
学生が飲むコラーゲンを飲んでみて血を抜いたら、
これまでは全部分解されると言われていたが、
分解しきれななかったコラーゲンの破片(ペプチド)が
あることを発見し、ずっと研究を続けてきたそうです。

そして、線維芽細胞が増える条件として
・分解しきれなかったコラーゲンの破片(コラーゲンペプチド)
・ダメージを受けることで出てくるたんぱく質
の2つが必要なのです。

先ほどの6人の女性の効果が出た人と出なかった人の差は
線維芽細胞が活躍したかしなかったのかの差。

つまり、肌のダメージが多かった人が効果があり、
ダメージのない人(状態がいい人)は効果がないのです。

コラーゲンのオススメの人は
1.高齢者(ケガや肌にダメージのある人)
2.炎症のある人(大けが、関節痛、日焼け、冬の乾燥など)


コラーゲンは肌の再生能力などをアップする

看護師の小林さんによると
褥瘡患者がコラーゲンをとることによって
傷の治りが早くなったりと効果がでているそうです。

褥瘡(寝たきりなどで血流が悪くなってしまい
悪化したところが壊死してしまう)

手術後の傷や潰瘍になった傷にも効果があるとのこと。

コラーゲンの力は肌の再生能力をアップしてくれるのです。

それに注目したのが小林さんも所属している日本褥瘡学会。

ガイドラインでも、2015年に、コラーゲンが推奨されました。

褥瘡は寝たきりの状態になどになると起こるケガ、
ひどいときは骨までたっすることも。

体の弱いお年寄りの大きな悩みの1つに。

そこで今、病院や介護施設で取り入れられているのが
コラーゲン配合の食品。

コラーゲン入りのゼリーなどを
毎日食べるようにしてみたら、
それまで1年以上も良くならなかった褥瘡が
わずか1ヶ月ほどで傷口が塞がったのです。

スポンサードリンク

なんと75%の人に床ずれがよくなるという
効果があったそうです。

また、城西大学の駅伝部の学生寮では
去年5月から夕食ごとにコラーゲンを取っています。
関節などの痛みをコラーゲンが和らげるという
研究結果もあるとのこと。

基礎研究では線維芽細胞だけでなく
軟骨細胞への効果が実証されたそうです。

コラーゲンの効果を確かめたくて、
ディレクターの1人は専門医にお願いして、
人工的に擦り傷を付けてもらいました。

その後コラーゲンを飲み続けたときの治り具合と、
治ってからもう一回傷つけ、
飲まなかった場合とで比較。

コラーゲンを飲んでいたときのほうが
5日ほど早かったそうです。


血管の若返りにも

また、注目されているのは動脈硬化との関係。
血管の20%はコラーゲンでできているからです。

愛媛大学医学部付属病院では
50代の方にコラーゲン5gを飲んでもらい
効果について検証しました。

すると血管のやわらかさが5歳若返ったのです。

ここで注意点。
コラーゲンについては効果が認められる、
認められないの両方の研究結果がでいます。

まだまだ研究途中の段階です。

またコラーゲンサプリは食品で、
薬のような効果が保証されるものではないとのことです。


手軽にコラーゲンを摂る方法

亀井賢治さんがコラーゲンメーカを訪れ
サプリの製造現場を取材。

コラーゲンの原材料は魚の鱗でした。

鱗から成分を抽出しゼラチンを作ります。
そのゼラチンをお湯で戻し、
乾燥を繰り返すとコラーゲンが出来上がります。

つまり、コラーゲンとゼラチンは
ほとんど中身は同じなのです。

しかしゼラチンを1とするとコラーゲンは
1.8の吸収量があります。

100gあたりの値段
コラーゲン(サプリ用)が1000~2000円するのに対し、
ゼラチンは500円程度です。
 


 
なので吸収量はコラーゲンの方がいいのですが、
ゼラチンで手軽にコラーゲンが摂取できます。

 
番組では、ゼラチンを使った
料理のレシピを教えていただきました。

実はゼラチンにはさまざまなお料理を
おいしく変身させるすごいパワーがあります。
その一つが保水力。

水分をしっかりキャッチします。

この力を使うとググーンとおいしくなる料理。
ゼラチンの保水力を利用してグンと美味しくなるそうです。

ゼラチンを使ったレシピはこちら↓
【ガッテン】コラーゲンに似たゼラチンのレシピ!チャーハン&パスタ&汁物

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ