【金スマ】水島弘史シェフのレタスチャーハンの弱火 低温調理法のレシピ!

レタスチャーハン

2016年9月9日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」

弱火調理の水島弘史シェフに「ハンバーグ」と「レタスチャーハン」
の作り方を教えていただきました。

ここでは水島流!レタスチャーハンのレシピを紹介!

スポンサードリンク

水島流レタスチャーハンとは?

・べちゃべちゃにならない
・パサパサにならない
・焦がす心配がない



水島流レタスチャーハンの作り方

『材料』
レタス
長ネギ

温かいご飯

サラダ油


こしょう
醤油
ごま油

『作り方』
1.レタスを食べやすい大きさに切る。
葉脈に沿って切り、手で軽くちぎってもよい。

2.長ネギをみじん切りにする。

長ネギは斜めに切れ目を入れ
反対側にも同じように切れ目を入れ
そして端から小口切りにすると簡単。

スポンサードリンク

3.ボウルに卵を割り入れ
お箸を黄身に突き立てて
一文字を書くように
切るようにして混ぜる。

※弧を描くようにしてしまうと卵白は切れない

4.温かいご飯をザルに入れ、
大さじ2杯の水をかけて
スプーンでほぐす。

5.さらに油をかけ、全体に混ぜる。

※ごはんの表面を膜でコーティングし、
中の水分の蒸発を防ぎ
ご飯1粒1粒がくっかずパラパラに、。

6.火をつける前のフライパンに
油と溶き卵をいれる。

7.火をつけ弱火にし、
ゆっくりと卵を木べらで混ぜる。

8.卵に塊ができてきたら
ご飯を加える。

9.ご飯を加えたら
木べらで切るようにほぐしながら
3分ほど炒める。

10.さらに長ネギを入れ
約2分切り混ぜる。

11.レタスを入れて塩、コショウ
醤油で味付け。

12.香りが出たら真ん中を開けて
最後に香ばしさを出すため
30秒だけ強火に。

13.真ん中にごま油を加えて
香ばしさを出して混ぜ合わせれば
できあがり!


まとめ

スタジオの人達もパラパラですごくおいしい!
といっていましたね。

この方法だったら焦げる心配もないので
落ち着いて作れそうです。

この日放送された水島弘史シェフのハンバーグのレシピ↓
【金スマ】水島弘史シェフのハンバーグの弱火調理のレシピ!

水島弘史シェフのレシピ↓
【金スマ】水島弘史シェフの餃子のレシピ!弱火の低温調理法

【金スマ】水島弘史シェフの野菜炒めのレシピ!弱火の低温調理法

【ソレダメ】水島弘史先生の低温加熱法!煮込まない「寄せ鍋」のレシピ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ