脳疲労に「鶏むね肉と春菊のスープのレシピ」植木もも子:あしたも晴れ!人生レシピ

2019年10月25日放送の「あしたも晴れ!人生レシピ」は
「疲れをスッキリ解消!“脳疲労”にご用心」

脳の疲労を和らげる効果があるとして、
注目されているのがイミダゾールジペプチド。

ここでは料理研究家 植木もも子さんの
鶏のむね肉のレシピ「鶏むね肉と春菊のスープ」の
紹介をします。

疲れの原因は脳?

実は最近、疲れの原因が、
脳にあることがわかってきました。

脳の疲労を和らげる効果があるとして、
今注目されているのがイミダゾールジペプチド。

特に、鶏のむね肉やまぐろの赤身などに
多く含まれています。

鶏むね肉と春菊のスープ

『材料』(3人分)
鶏むね肉 1枚(200g前後)

鶏手羽元 6本ほど

酒(鶏肉にふる) 大さじ2

塩 少々

春菊 1束

干ししいたけ(スライス)6枚

しょうが薄切り 5~6枚

酒(だし用) 大さじ2

鶏ガラスープの素(顆粒)小さじ2

塩 少々

レモン 適量

『作り方』
1.鶏むね肉は一口大、手羽元は出汁をとるために、
切れ目を入れる。

2.①に酒大さじ2を加え、塩を少々ふって
もんでおく。

3・春菊を葉と茎に分け、それぞれを
食べやすい長さに切る。

4.鍋に水3カップ(分量外)を入れ、しょうがの薄切り、
酒大さじ2、干ししいたけ(スライス)を
食べやすい大きさに割って加え、沸騰させてだしを取る。

スポンサードリンク

5.③に手羽元を加え、アクが出たら取り除き、
5分ほど中火で煮る。

鶏ガラスープの素とむね肉を加え、
再び沸騰したら3分ほど煮て塩で味を調える。

6.最後に春菊の茎を入れ、1分ほどしたら
葉を加えてできあがり!

食べる時に疲労回復効果のあるレモン汁を
絞って食べるのも効果的。



植木もも子さんの本




脳疲労に「まぐろの赤身とにらの炒めもののレシピ」植木もも子:あしたも晴れ!人生レシピ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ