【サタデープラス】水島弘史の弱火料理 焼き餃子のレシピ!紫吹淳の花嫁修業

餃子

2017年2月4日放送の「サタデープラス」でサタプラ
は「紫吹淳の弱火料理人入門」

元タカラヅカトップスターの紫吹淳が
弱火調理人水島弘史シェフから料理を学びます。

サタプラでこれまで6種類の料理をマスターしました。

ローストビーフ
ぶり大根鶏のクリームシチュー
ハンバーグとトンカツ肉じゃが

今回は焼き餃子とチャーハンの
作り方を教えていただきます。

ここでは焼き餃子の作り方を紹介!

スポンサードリンク

水島流餃子の作り方

『材料』



餃子の皮(市販)→10枚

豚ひき肉→80g

白菜→70g

ニラ→10g

生姜→4g

ニンニク→2g

ごま油→5g(小さじ1)

塩→1g(小さじ1/5)

醤油→小さじ1

砂糖→1.6g

コショウ→適量

サラダオイル→10cc

水→20~30g
(皮の厚みによる。皮が厚いものは水を多めに。)

スポンサードリンク



水島流プロ級餃子の極意
①あんの肉はすりこ木棒で練る
②白菜は水絞り禁止
③水の量は大さじ1杯半

『作り方』
1.ひき肉に塩1gをして、すりこぎ棒で突いて練る。
(ひき肉の粒がなくなる程度)
※手ではなくすりこぎ棒を使う

2.白菜、ニラはみじん切り、にんにく、
ショウガはすり下ろす。
※塩をふって水気を出して絞るのは
白菜の甘味や旨みを捨てることになるのでNG。

3.①と②を合わせてごま油、
醤油、砂糖、コショウを合わせる。

※餡にはあまり熱を加えないのがポイント。
混ぜる時は木べら、ゴムベラなどを使い、

手を使うのは形を整える時ぐらいにする。
ひとまとまりになっていれば大丈夫。

4.スプーンで餡を一口大すくい、
皮に乗せて包む。

5.フライパンにとサラダオイルを入れて、
円形に餃子を並べる。

6.蓋をして弱火で10分焼く。

※強火にすると、肉が急激に縮み、うまみや水分が出てしまう。
弱火で少しずつ温度を上げた場合、
ゆっくり縮むためうまみや水分が出づらくなり、
ふっくらジューシーに。

7.水分がなくなってきたら(又は皮に火が通ったら)、
蓋を取り、火加減を強火にして
最終的に水分を飛ばし、底に焼き色をつける。(1~1分半が目安)

8.逆さにした皿を蓋のようにフライパンにかぶせ、
フライパンをひっくり返して
皿に餃子をのせたらできあがり!



まとめ

この日の水島弘史シェフのチャーハンのレシピ
【サタデープラス】水島弘史の弱火料理のチャーハンのレシピ!紫吹淳の花嫁修業

これまでの水島弘史シェフのレシピの記事↓


【サタデープラス】弱火調理人水島弘史シェフのローストビーフのレシピ!紫吹淳

【サタデープラス】弱火調理人水島弘史のぶり大根のレシピ!紫吹淳の婚活

【サタデープラス】弱火調理人水島弘史の鶏のクリームシチューのレシピ

【サタデープラス】弱火調理人水島弘史のハンバーグとトンカツのレシピ!紫吹淳が花嫁修業

【サタデープラス】弱火調理人水島弘史シェフの肉じゃがのレシピ!紫吹淳

【金スマ】水島弘史シェフのレタスチャーハンの弱火 低温調理法のレシピ!

【金スマ】水島弘史シェフのハンバーグの弱火調理のレシピ!

【金スマ】水島弘史シェフの餃子のレシピ!弱火の低温調理法

【金スマ】水島弘史シェフの野菜炒めのレシピ!弱火の低温調理法

【ソレダメ】水島弘史先生の低温加熱法!煮込まない「寄せ鍋」のレシピ

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ