【あさイチ】いい声を出すためのボイストレーニング!

口・歯・口臭

2017年3月7日放送のNHK「あさイチ」の「スマートライフ」は
「いい声で印象アップ!ボイストレーニング」

スポンサードリンク

声で人生は変わる

いい声で話せば周囲に好印象を与え、
人間関係を円滑にすることもできます。

ゴスペルシンガー ボイストレーナーの亀渕友香さんに
もともと持っている声の魅力を引き出す発声法を
教えていただきます。

あなたの声がぐんぐんよくなる!!―1人でできるボイストレーニングCDブック

亀渕さんは、久保田利伸さん、MISIAさん、
倖田來未さんなど多くのアーティストの方の
ボイストレーニングをご担当されています。

新年度初対面でごあいさつする方が
多いと思いますが声の印象で変わります。

声に関するお悩みで多いのが
ボソボソ声、震える声という2つです。

ボソボソ声の方は口の中が開いていないということです。
口先だけでしゃべるからボソボソしてしまいます。

スポンサードリンク

震える声というのはのどに力が入りすぎていて
のどの奥に声帯があるんですが、
固まってしまって、たぶん緊張してしまう。
なので、緊張をほぐすということも大事です。

楽にすると声はスムーズにいけます。


ボイストレーニング

トレーニングの前にウォーミングアップ。

【首回しのウォーミングアップ】

首、肩、首周りをやわらかくします。

1.首を落とす。
※下げるのではなく落とす。

2.16秒間かけて後ろへ回す(8秒目で横)

3.16秒間かけて前へ回す(8秒目で横)

4.息を長く出します。

肩こりなどにもよいそうです。
朝やるとよいそうです。



【ボソボソしゃべりを改善!口を正しく開ける 】

1.耳の前にある顎関節を意識して(手で触って)
上下のバランスよく口を開けて声を出す。

2.口を閉じてハミングをし、
一瞬息を止めてから口を大きく開けて声を放つ。

あくびなどもよいそうです。



【声が震えるのを改善】

のどが緊張してしまうと声が震えてしまいます。
お腹に意識をむけるとのどの緊張が解けて
自然に声を出せるようになります。

1.へそのあたりにグッとに力を入れて「アッ!」と声を出す。

2.裏声と低い声を行ったり来たりしながら話す。

出したい声の高さを安定して出せるようになります。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ