【ヒルナンデス】焼きそばの基本のレシピ!横山裕の大ヨコヤマクッキング

焼きそばの作り方

2016年8月4日放送の日テレ「ヒルナンデス」の
「大ヨコヤマクッキング!」

今回ギョーザの作り方を教えてくれるのは、
茂出木浩司シェフと小倉優子さん。

しかし、その前に横山裕さんのクッキング腕試し。

今回は焼きそばを作ります。

スポンサードリンク

横山裕さんの焼きそばの作り方

まずキャベツ、ついで豚肉をそれぞれ一口大に切る。
強火で熱したフライパンにサラダ油を少々入れる。

まみのある脂を出すため豚肉を先に炒め、
その後焦げ付かないよう一旦皿に取り出した。

その後フライパンに麺を入れ、
しっかりほぐしてから水をかけた。

その後蒸してキャベツを入れ、豚肉をフライパンに戻し、
粉末ソースを麺と具材にからめて皿に盛り、
紅しょうが、青のりをトッピングした。

出来上がった焼きそばは麺がよくほぐれておらず
食べようと箸で麺をもちあげたら
全部くっついてきたのでした。

しかし、試食した中間や友近からの評価は上々。

これまで「豚のしょうが焼き」(30点)、「半熟ゆで卵」(20点)
「照り焼きチキン」(0点)などの料理で厳しい点数をつけてき
た審査員の先生も過去最高となる85点をつけたのでした。



ABCクッキングスクールおすすめの焼きそばの作り方


【焼きそばのレシピ】

『材料』
豚バラ肉→40g

キャベツ→1枚

油→小さじ1/2

水→大さじ1/2

焼きそば麺→1袋

粉末ソース→1袋

(トッピング)
紅しょうが→お好みで

青のり→お好みで

スポンサードリンク

『作り方』
1.キャベツと豚肉を一口大に切る。

2.フライパン強火で熱する。
少量のサラダ油をひき
豚肉を先に炒める。

3.豚肉の色が多少変わったら
キャベツも炒める。

豚肉とキャベツは一緒に炒める

豚肉の油が野菜をおいしくしてくれる。

4.油がまわって野菜に照りがでたら
一度具材をお皿に取り出す。

具材と麺を別々に炒める

具材と麺とを一緒に炒めると焦げやすくなる上、
具材から出る水分を麺が吸って
ベタっとした食感になってしまう。

5.麺をフライパンに入れ
水を少量かけて蓋をして
1分程蒸し焼きにする。

麺はほぐさずに蒸す

市販の麺は水分が少ないためはしで
無理にほぐそうとするとちぎれてしまう
恐れがあるため。

ほぐさずに水を入れて蒸すことで、
水分を吸ってモチモチになるという。

6.麺をほぐして
強火にして麺の水分を飛ばす。

強火で水分をしっかり飛ばす

水分を飛ばさずに炒めるとベタベタしてしまう。

7.水分が飛んだら具材を戻し入れて混ぜる

8.粉末ソースを入れて
全体になじませればできあがり!

まとめ

この日放送のギョーザのレシピ↓
【ヒルナンデス】小倉優子直伝!包まない棒ギョーザのレシピ!大ヨコヤマクッキング

【ヒルナンデス】茂出木シェフ直伝!洋風冷やしギョーザのレシピ!大ヨコヤマクッキング

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ