【ジョブチューン】ガン予防にみかん!陳皮の作り方も簡単にできる

みかん

2017年2月11日放送の「ジョブチューン」で
「名医たちがぶっちゃけ!病気を予防する最強の食べ物SP!」。

がん予防に効果的な食べ物はみかん。
陳皮の作り方も紹介!

スポンサードリンク

がん予防にみかん

日本人の死因の第一位はがん。

ガンは今や2人に1人がかかり、
3人に1人が命を落とす国民病。

ガンになる主な原因は
不摂生な食生活やたばこ、ストレスによって
体内に発生する活性酸素。

活性酸素が多くあると、正常な細胞が酸化してしまい
がん細胞となってしまうのです。

そんな活性酸素の発生を抑えてくれる成分がβカロテン。
ニンジンに多く含まれています。

しかし、βカロテンの倍以上の
活性酸素を抑える成分があるといいます。

それは「β-クリプトキサンチン」という成分。

今回はがん治療に29年取り組み、がんの本を30冊以上執筆している
星野泰三先生にがん予防に効果的な食べ物を教えてもらいます。

β-クリプトキサンチンの摂取量が多い人は
肺がんリスク、子宮頸がんリスクが約6割、
食道がんリスクが約8割減ったというデータがあるそうです。

「β-クリプトキサンチン」が一番
多く含まれる食べ物はみかん。

オレンジの約60倍含まれています。
食べ方のポイントとして、外側の皮を食べること。

みかんは1日1~2個で効果が期待できます。

みかんの皮にもβ-クリプトキサンチンが
多く含まれ、さらに発がん性物質を抑える
リモネンも豊富なため。

皮も食べるとダブルで効果的。


スポンサードリンク



陳皮の作り方

みかんの皮を食べるには
パリパリに乾かしてから食べるとよい。

漢方では陳皮と言って、みかんの皮を乾燥させたものを
薬として扱っています。

乾燥させることで成分が凝縮されるといいます。

1日スプーン1杯ほど食べればいいとのこと。

そんなにおいしくはないようで、
そのままでは食べづらいという人は、
スプーン1杯分を紅茶やヨーグルトに入れるのもおススメ。

また、柚子を入れる感覚で味噌汁に入れても。

陳皮はネットで購入できますが、
自宅でも作れます。

【陳皮の作り方】

1.みかんの皮を殺菌するために
約80℃のお湯に3分間漬ける。

2.①の皮をザルにあげ流水で洗い、
キッチンペーパーで水気を取る。

3.②をザルに入れ、風通しの良い場所で
カリカリになるまで数日間天日干しする。

4.麺棒で細かく粉砕すればできあがり。

笑い

星野泰三先生はがん予防には「笑い」が効果的。
がん患者に面白い漫才を3時間見せたら
がん細胞を抑制する免疫が活性化したそうです。



♪————————-♪
ガン予防にはみかんを1~2個食べ
乾燥させたみかんの皮も食べると効果的。
♪————————-♪



まとめ

この日のジョブチューン↓

【ジョブチューン】糖尿病予防にトマトジュース!リコピンの吸収をよくするレシピ

【ジョブチューン】花粉症予防にレンコン!レシピや鼻に塗る方法

【ジョブチューン】高血圧予防にチョコレート!血圧を下げるマッサージ法も

【ジョブチューン】便秘解消予防に干し柿!ガス抜きマッサージのやり方!

【ジョブチューン】心臓病予防にサバの水煮缶!アレンジレシピも

【ジョブチューン】認知症予防にカマンベールチーズ!指折り運動も

【ジョブチューン】免疫力アップに小松菜!スムージー・浅漬けレシピも

【ジョブチューン】ガン予防にみかん!陳皮の作り方も簡単にできる

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ