【サタデープラス】水島弘史のだし卵焼きのレシピ!弱火料理!横澤夏子

水島流だし巻き卵

2017年9月16日放送の「サタデープラス」ことサタプラの
「くらしプラス」

新婚の横澤夏子さん。

弱火が料理を美味しくするという新常識を
提唱する水島弘史先生に、弱火だから美味しい
「オムライス」と「卵焼き」の作り方を学びます。


ここではだし卵焼きのレシピの紹介!

スポンサードリンク

失敗しない小島弘史先生の弱火で作る卵料理

新婚の横澤夏子さんが
水島弘史先生に、弱火だから美味しい
「オムライス」と「卵焼き」の作り方を学びます。

オムライスのレシピはこちら↓
【サタデープラス】水島弘史のふわトロオムライスのレシピ!弱火料理!横澤夏子



水島流!だし卵焼きのレシピ

だしをつかわず水でつくります

水島流だし巻き卵

【だし卵焼きのレシピ】

『材料』(2人前)
卵→3個

水→50g

塩→1g

しょうゆ→3g

砂糖→0.4g

サラダ油→0.4g


スポンサードリンク



『作り方』
1.ボウルに卵を割り入れ、
菜箸で漢字の”一”の字を描くように手を動かし、
卵のコシ切ってなめらかにする。

2.①に水、塩、醤油、砂糖を加え混ぜる。
※ダシを加えず水を加えることで
卵の味がはっきりとしただし巻きに
また、水分を含ませると風味を感じやすく
やわらかい食感に。

3.フライパンに縁の部分までしっかりと油を塗る。
※フチまで油を塗って焦げを防止
※丸いフライパンでもo.k

4.火にかける前の③のフライパンに
お玉で②の卵液を流し入れて薄くひき、
弱火にかける。

5.フライパンを傾けても卵が流れなくなったら、
卵き始めの合図。
いったん火から外し、フライ返しで巻いていく。
※火から外して巻けば焦る心配なし

6.⑤の卵をフライパンの上に寄せ、
再度薄く卵をひく。
※2度目からは、さらに薄くひく

卵液が流れなくなってきたら火から外し、
フライ返しで巻いていく。

だし巻き卵

7.同じ要領で巻いていく。

8.全てのたまご液を焼いたら、
熱いうちに巻きすで形を整える。
アルミホイルでもOK。

9.食べやすい大きさに切ってお皿に盛れば
できあがり!



紫吹淳さんが水島弘史先生から教わった料理↓

トマトの冷製パスタのレシピ!

麻婆豆腐のレシピ!

親子丼のレシピ!
から揚げのレシピ!

魚のムニエルのレシピ!
焼き餃子のレシピ

チャーハンのレシピ
ローストビーフのレシピ

ぶり大根のレシピ
鶏のクリームシチューのレシピ

ハンバーグとトンカツのレシピ
肉じゃがのレシピ

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ